ピスタチオのパウンドケーキ

d0329740_22534675.jpg

「ピスタチオのパウンドケーキ」を作りました

イルプルのお友達から作り方を教えてもらい作りました、ピスタチオの緑が香りが何ともステキです

お友達のはピスタチオを粉に挽くのですが、ピスタチオペーストが残っていたので、贅沢にたっぷり加え、ルセットをちょっと変えて作ってみました

会社のお姉さん方に差し入れ…ピスタチオが苦手・・・という方からも美味しいピスタチオで出来たケーキは美味しいと言ってもらえました

やっぱり、素材の良さが大切・・・しみじみ感じます
[PR]
# by aiue0kashi | 2013-11-07 22:54 | 自作ケーキ | Comments(0)

フランクフルター クランツ

d0329740_19584492.jpg

「フランクフルター クランツ」大好きなドイツ菓子です

クレームオブール(バタークリーム)が大好きな私は、小さいころからこのてのお菓子が大好きでした

今でも好きで、ケーニヒスクローネで買ってきて食べていました…お菓子作れるのに??(笑)

お友達に、「??作らないで買う?簡単に出来て美味しいのに??」と言われ…そうでした、私お菓子作れました・・に気がつき作りました

目からうろこの美味しいさ…本当にお家で作ると買ってくるものとは、別物!!素晴らしく美味しいです

生地は共立てでバターを大目に加え、フランクフルター クランツ用にバニレクレメ(カスタードクリーム)を炊き、ブッタークレメを作ります、バターとバニレクレメを合わせて作るクリームです

そこへ、マルコナアーモンドのダイスをから焼きしてたっぷり貼り付けるように飾る

もう、こんなに美味しいフランクフルター クランツ食べたことない!!くらいにおいしかった~

長女がおかわり!!ケーキをもらいに来たくらいでした

レッスンでもやろうかな・・それくらい美味しいです
[PR]
# by aiue0kashi | 2013-11-06 20:12 | 自作ケーキ | Comments(0)

インコとおみやげ

d0329740_18444962.jpg

修学旅行から帰ってきた息子の、お土産・・・見事に甘いものばかり(笑)

彼のオーストラリアで食べた凄かった~お菓子は・・・

ホームステイ先で一緒に作った生姜のケーキ(ジンジャーケーキですかね?)生の生姜をザクザク切って大きいままごろごろ入れる…作ってくれてまずいとは言えず「美味しい」と言ったらおかわりをもらってしまった…そうです(笑)もちろん、残さず食べたとのこと・・・
d0329740_18453229.jpg

アイシングが余っていたので練り直しをして、インコ描いてみました

お友達がインコ好きなので、練習してみます・・・
[PR]
# by aiue0kashi | 2013-11-05 18:46 | その他 | Comments(0)

ル・リゴロ

d0329740_15414946.jpg

栗の季節なので「ル・リゴロ」をまた作りました

和栗が大好きなので、このアントルメを和栗で作るとどうなるのか・・・想像しても、形にならず・・結局パイナップと和栗は無理?かなと(笑)

連休最後の今日、息子が修学旅行から朝、帰って来ました・・・

もう少しゆっくり帰ってきても良いのになあ・・・(息子よごめん、昨日次女が寮に帰ったので、さあ!自分の事とおもった早朝に…君が帰ってきたのよ、心配していなかった訳ではないです)

まあ、ともかく無事に帰ってくれて、「母さんごはん!」うれしい一言をもらいました

ホームステイ先の皆様、先生方ありがとうございました<(_ _)>我が息子、少しは大人になって帰ってきたでしょうか・・・

今まで、夢中で子育てして、この年になりやっと手にした自由な大好きな「お菓子作り」という時間をこれからも大切にしていきたいな

イルプルで同期の、若い方々が、お店を持ったり、雑誌に載ったりとどんどん活躍しているのを見るのがとても楽しみ、遠くから応援しています、若い方々のエネルギーにいつも力をもらいます

昨日の楽天マー君にもパワーをいただきました、若いって良いですね♪

年も重ねた私は、子育ても終盤・・・のんびりと大好きなお菓子作りを楽しんでいきたいな・・・と改めて思った今朝でした
[PR]
# by aiue0kashi | 2013-11-04 15:55 | イルプルーのお菓子 | Comments(0)

イチジクのシャルロット

d0329740_14164745.jpg

もうイチジクの季節も終わりです

イルプルのイチジクのお菓子は先日のパイの用に生をコンポートにして使うのもあれば、このお菓子のようにドライのイチジクを美味しいお取り寄せしたブドウジュースで柔らかく丁寧に煮てから使う二種類が主流です

丁寧に煮たドライのイチジクをペーストにして、ビスキュイ・キュイエールにクルミと混ぜ一緒に焼きあげ、ビスキュイ・オ・ノアにもクルミを加えて焼き、2種類の生地を使い、ノアの生地にはジュレドゥフィグ(ブドウジュースで煮込んだイチジクジャムに杏ジャム、マデラワインを加えて作る)を塗ります

つまりは、周りを囲む生地と底と中生地は違うのです

ババロアはイチジクのペーストとオタール(コニャック)マデラワイン、イボワールなどで特徴をだし作り、ビスキキュイ生地の中に流します

仕上げのジュレも、裏ごししたイチジクジャムにオタール(コニャック)マデラワインなどで作り塗ります

濃厚なイチジクの美味しさの一切れ…といった感じでしょうか…
[PR]
# by aiue0kashi | 2013-11-03 14:19 | イルプルーのお菓子 | Comments(0)