<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ヴェズューヴ Vésuve

先日は、お友達に会いたくて府中の先生のところへ行ってきました。
だけど、Kさんは吐き気と腹痛でお休み・・・残念、Mさんには久しぶりに会えて一緒にお菓子が作れておしゃべり出来て楽しかった♪
Kさんひさ~しぶりの体調不良とのこと・・・私と会うので緊張したんだよ(笑)ってMさんたら・・・お大事にね。
リベンジで来月も会いに行くよ~\(^o^)/
d0329740_0275939.jpg

こちらのお菓子は【ヴェズューヴ】先生も作ったことないとの事、私が第一号(笑)挑戦です!
ちょっと変わった作り方のサブレを焼き(Mさんが、はとサブレのお味にとても似ている事に気がつきました)パータグラッセを塗り、キャトルエピス入りのジェノワーズを作りセルクルに合わせて抜き、ガルニテュールは杏をバターとはちみつでキャラメリゼしたものを用意、クレーム・ア・ラブリコという杏のピューレのアングレーゼにバターを加えたもので組み立てます。爽やかで甘酸っぱい香りとお味、これからの季節に良さそうですよ。
d0329740_0281621.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-31 00:34 | イルプルーのお菓子 | Comments(3)

柑橘類・・・その後

先日頂いた、M先生の柑橘類、ピールやシロップ漬け、マーマレードはビート糖で白砂糖を一切使わず作りました。
八朔のピールはシフォンケーキやパウンドに、マーマレードはマフィンやスコーンに添えて、金柑のシロップ漬けはパウンドを作ろうかな・・・と今から楽しみです。
d0329740_045094.jpg

昨日から息子は留学に・・・ちっとも寂しくないよ~と思っていましたが、帰ってこないと思えば思うほど寂しくなり・・・しばらく慣れるまで時間がかかりそうです。
ちゃんとご飯食べてるかな・・・
[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-30 00:06 | その他 | Comments(0)

リボンインサーションのケーキ

星野先生のところで【リボンインサーションのケーキ】を作ってきました。
まずは、レースの部分や籠などをアイシングで作り、ケーキをカバーリングして、出来上がったパーツを張り付けていきます。
少しでも力を加減を間違うと・・・・パリ!っと割れてしまう華奢なパーツばかりで、緊張・・・
リボンが入っては表に出る感じの作り方は・・・張りのあるリボンを突き刺すというビックリぽん!の割と簡単な作業でした。
まあ、いろいろ反省点はありますが・・・・可愛い、素敵、大満足のリボンインサーションのケーキでした。
d0329740_045498.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-29 00:48 | シュガー | Comments(0)

素敵な贈り物

先日、お知り合いになった、お菓子やお料理を幅広く教えていらっしゃるM先生から、素敵な季節の贈り物が届きました、文旦、八朔、金柑(可愛い!)です。
お教室のお仕事が忙しい中、愛知のご自宅で農園を作り、柑橘系を主にご自分で育てていらっしゃるすごい!先生です。
M先生に心から感謝して、大切にお育てになったこの子達を大切に、これからピールにマーマレードにと加工してお菓子にいたします。
お菓子出来上がったらご試食くださいね<(_ _)>本当にありがとうございました。
d0329740_9344.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-27 09:07 | その他 | Comments(0)

白崎茶会 ブール

先日初めて、白崎先生のパンの本より、ブールを作りました。
こちらも丸パンと同じ地粉(日本で作られた中力粉うどん粉です)で作ります。
地粉と強力粉とはタンパク質の含有量が違うのでグルテンの出かたも違います。
パッカリ!と元気に上に開いたクープ、初めてにしては・・・と思えばきれい・・・うん、綺麗に焼きあがりました。
パンは育てる楽しさがくせになります、とても可愛い。
d0329740_23115175.jpg

d0329740_23134051.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-24 23:14 | 白崎茶会 | Comments(0)

パイレッスン ナポリタン、ショソンポンム、ガレットデロア、抹茶ロールケーキ

昨日はREINETTEお菓子教室でした。
お教室はじめから通ってくださるMさんは、抹茶のロールケーキを作りました。いつものフランス菓子とは違い工程が簡単!でも、大納言をゆっくり炊き上げ、贅沢なお抹茶でクリームも生地も作りますから、美味しい事は間違い無し!
東京も開花宣言がでましたが、我が家付近の公園は、観光バスで花見に来るくらい沢山の桜が咲きます。Mさん何年も通ってくださるのに、我が家付近の桜を見たことが無いそうで・・・ビックリしました。
来月のレッスンにいらした時、桜がまだ咲いていますように・・・
d0329740_2311291.jpg

そして、午後は遠方からの生徒さんで怒涛のようなパイレッスン(笑)でした。
せっかくいらしてくださったのに、レッスン後にお仕事が入りあわててお帰りになりました。もっとお話しききたかったな~お菓子送っておきますね・・・
d0329740_2325493.jpg

本日は、お教室始まって初めての少々悲しい事件が起きました・・・
人を信じたい・・・いろいろな事がありますね・・・
[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-23 23:06 | REINETTEお菓子教室 | Comments(0)

お花のケーキ 三連休

三連休は、ほぼ毎日お墓参りとパン焼き、お菓子作り、シュガーケーキ作りで終わりました。
お休みも三日間あると結構いろいろ出来て満足できました。
早く作ろうと思いながら・・・手つかずのシュガーケーキ二つ仕上げました。
小さい小さいケーキ作りたかったけれど、そんな小さいケーキに載せるお花を絞る小さな口金も無くて・・・
まあこのくらい・・・で妥協、ダミーの発砲スチロールを自分で削り、絞っておいたお花を載せて完成です。
d0329740_0224487.jpg

d0329740_0231396.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-22 00:24 | シュガー | Comments(0)

ラ・フュージョン(融合) La fusion 

先日は師範の大先輩のS先生のところでお菓子を習ってきました。
弓田先生の五感の本に載っている【ラ・フュージョン(融合) La fusion 】
ビスキュイ・オ・テ・ベール(ビスキュイキュイエールにバターと抹茶が入った生地)とビスキュイ・オ・キャフェの2種類の生地を用意して、ムース・プラリネ・オザマンドゥ(こがし具合がとても大切なキャラメルのメレンゲとバターを合わせてアーモンドのプラリネを加えます)を作り生地に重ねて挟み、上にはガナッシュを塗りカカオパウダーで仕上げます。
色合いも美しくお味も大人・・・まさに【ラ・フュージョン(融合) La fusion 】でした。
d0329740_21304792.jpg

こちらは先日のパイレッスンでラボ!逆折り込み生地(フィユタージュ・アンヴェルセ)を作り焼きました。
サックザク、軽くて食感が即席パイ生地(フイユタージュ・ラピッド)とはまるで違います。
寒い時期にお試しあれ!軽くて美味しくて・・・危険です。
d0329740_21302872.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-18 21:38 | イルプルーのお菓子 | Comments(0)

コンベルサスィオン&ピティビエ

昨日はREINETTEお菓子教室のパイレッスンでした。
コンベルサスィオン(会話と言う意味:サクサクと言う音から会話をしているように聞こえることから)とピティビエ(パイ生地の中にアーモンドクリームを入れ表面に放射線状の模様を施した伝統菓子)でした。
コンベルサスィオンは型に生地を敷きこみ杏のジャムとアーモンドクリームを詰め、また生地で蓋をしてグラス(お砂糖液)を塗り格子状にパイ生地を飾ります。
とても可愛い形です・・・
d0329740_084431.jpg

ピティビエはお花の形を生徒さん、丸く小さくを私が作りました。
即席パイとは思えないほど、綺麗な層が出来ています。
d0329740_0103734.jpg

d0329740_0111874.jpg

軽食は地粉の丸パンでテンペの照り焼と豆乳マヨネーズで挟んだミニべジバーガーでした。
d0329740_0135752.jpg

お疲れ様でした、また来月お待ちしております。
[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-17 00:15 | REINETTEお菓子教室 | Comments(0)

パイレッスン、ショソン・ポンム、チーズのギャレットウ、ラングドブッフ

先日はREINETTEお菓子教室のパイレッスンでした。
デトランプ(パイを作る時にバターを包む生地)を仕込みバターを包む折りパイでは無く、即席パイ(インスタントパイ)で作る方法ですが、なんと!これが美味しい、簡単!パイ作りがたちまち好きになる事間違いなし!
今回生徒さんが作ったのは、まずショソンポンム(リンゴのパイ)。
リンゴを1時間ほど白ワインと一緒に風味増すように煮て、パイ生地に包み、ドリュール(塗り卵)を塗りナイフで飾りを付けます。
d0329740_238177.jpg

ショソンとは、布や皮製の柔らかい上靴、つまりスリッパを意味し、あの半月状に膨らんだ形が似ていることから名づけられたようです。
余り生地でも美味しい、ラングドブッフ(リーフパイ)は、サクサクに仕上げて、パイの美味しさを楽しむにはピッタリです。
d0329740_2383689.jpg

最後に綺麗に丸型に抜き、焼き上げ、フロマージュブランとシャンティをたっぷり挟んだ、フレッシュチーズのギャレットゥ。
d0329740_2391354.jpg

d0329740_2393176.jpg

軽い生地と軽くふんわりの甘酸っぱいクリームでいくつでも食べられそうな危険なお菓子・・・
皆さん、パイが身近に感じられたのでは?
楽しかった~美味しかった~と言って帰っていただけるのが何よりの幸せです。
今回のレッスンもどうもありがとうございました<(_ _)>
d0329740_2310315.jpg

[PR]
by aiue0kashi | 2016-03-14 23:14 | REINETTEお菓子教室 | Comments(0)