2017年 01月 06日 ( 1 )

ギャレット・デ・ロア

イルプルーに新年初めて行ってみると・・・ギャレット・デ・ロア、リンゴのギャレット、杏とピスタチオのギャレット・デ・ロア三種がありました。
d0329740_20373784.jpg

本日6日は「公現節」
ギャレット・デ・ロアは、フランスでは1月の「公現節」(みんながキリストが生まれたことを知った日)にこのお菓子を食べ、お菓子の中にはフェーブが隠れて、それにあたった者は1日だけ王様になれるという習慣があります。ガレットとは円形に平たく焼いたお菓子の総称で、ロアは王様、直訳すると「王様の丸いお菓子」と言う意味だそうです。
最近は可愛いフェーブも沢山出ていますが、今年のイルプルーはコックさんシリーズらしいです。
私も作ろう!リンゴのギャレット!
d0329740_20421885.jpg

リンゴを仕込んで、クルミと漬け込みレーズンを合わせて・・・それはそれは贅沢なギャレット、仕込みはじめます\(^o^)/
更新の励みになりますので、ポチッと応援お願いいたします♪


[PR]
by aiue0kashi | 2017-01-06 12:12 | イルプルーのお菓子 | Comments(0)