イチジクのシャルロット

d0329740_14164745.jpg

もうイチジクの季節も終わりです

イルプルのイチジクのお菓子は先日のパイの用に生をコンポートにして使うのもあれば、このお菓子のようにドライのイチジクを美味しいお取り寄せしたブドウジュースで柔らかく丁寧に煮てから使う二種類が主流です

丁寧に煮たドライのイチジクをペーストにして、ビスキュイ・キュイエールにクルミと混ぜ一緒に焼きあげ、ビスキュイ・オ・ノアにもクルミを加えて焼き、2種類の生地を使い、ノアの生地にはジュレドゥフィグ(ブドウジュースで煮込んだイチジクジャムに杏ジャム、マデラワインを加えて作る)を塗ります

つまりは、周りを囲む生地と底と中生地は違うのです

ババロアはイチジクのペーストとオタール(コニャック)マデラワイン、イボワールなどで特徴をだし作り、ビスキキュイ生地の中に流します

仕上げのジュレも、裏ごししたイチジクジャムにオタール(コニャック)マデラワインなどで作り塗ります

濃厚なイチジクの美味しさの一切れ…といった感じでしょうか…
[PR]
by aiue0kashi | 2013-11-03 14:19 | イルプルーのお菓子 | Comments(0)
<< ル・リゴロ タルト・サンチャゴ >>